中国語に特化している翻訳会社はかなり専門的なことまでやってくれる

文字を書いている人

中国語の翻訳は何処に依頼するのか

本

中国語の翻訳を生業にしている業者というのはいくつもあります。完全に中国語に特化しているところですと、本当にかなり専門的なことまでやってくれます。例えば契約書に関することなどもできます。これは当地の法知識も必要になりますし、法律に関する文章というのは言い回しが物凄く大事になりますから、はっきりいって翻訳の中でもトップクラスの専門的になります。
中国語の翻訳を依頼することができる業者は実に多くありますが、実績を見てから判断するとよいでしょう。もう一つ、最近になってよい方法が生まれました。それがクラウドソーシングです。これは要するにインターネットを介して仕事を請け負ってくれる個人です。業者ほど信用することができない、ということもありますが定期的に翻訳の仕事を依頼できるのであれば、まずはそこまで難しくない案件から依頼していき、実力を確かめるとよいでしょう。
そして、優れた翻訳者であるとわかったら、本格的に仕事を依頼すればよいです。業者ではない場合は、こうしたやり方がスタンダードになります。もちろんリスクなどを考えて、キチンと会社組織にしているところに依頼するのが安心できるという場合もあります。そのあたりは単価次第といえます。

中国語の翻訳というのは

中国語の翻訳と言うのは、いくつもやっているところがあります。これは個人もやっている場合があります。中国語に堪能であり、日本語に関することもしっかりと知識があるならば、できる仕事であるからです。要するにフリーランスでやっている人がいるわけです。そうしたところに依頼できるようになりますとコストカットができるようになります。
但し、個人事業者ではあるのですが業者ではないので、信用と言う意味ではやや劣る場合もあります。これは本当に個人次第になりますから、よくよく信用できる人物であるのかどうか、というのを把握してから仕事を依頼するとよいでしょう。お金がかかることではありますが、何度か簡単な翻訳に関する仕事を出すとよいです。そこから何人かの候補を作るのがベストです。この手の手間が物凄く面倒であると思っているならば、最初から中国語の翻訳をキチンと事業としてやっているところに依頼したほうがよいでしょう。それはそこまで珍しいことではなく、料金もかなり一律でやってもらうことができますから、安定した行為にできます。ちなみに相手から言ってくるでしょうし、
依頼しようとしているならば知っているでしょうが中国語は地域によって言語が違うので注意が必要です。

翻訳家になるために必要なこと

翻訳家になるためには、どのような資格が必要か知っている方は少ないと思います。実は翻訳家になるためには、何の資格も必要ありません。高校や大学の卒業資格も不要で、誰にでもなることができます。ただし、もちろん語学力は求められます。英語の場合は英検1級、TOEIC900点以上が求めれています。
必須ではありませんが、持っていると有利なものとしては社団法人日本翻訳協会が主催するJTA公認翻訳専門職資格試験に合格していることです。では、実際にどのように翻訳家として活動できるようになるかを見ていきましょう。スマートな1例としては、翻訳会社が経営している翻訳スクールや翻訳学校に通うことです。ここで必要な課程を修めることができれば、かつ成績が優秀であればあるほど、優先的に経営母体である翻訳会社に雇っていただけることが多いようです。
その他の働き方として多いのは、単発で仕事をもらうために翻訳会社に登録しておくことです。実際に翻訳家として活動されている方はフリーランスの方が圧倒的に多く、翻訳会社に登録されている方がほとんどです。ここで翻訳の質が高ければ、お仕事をたくさん依頼していただけるため、1人前の翻訳家としての活動が可能になります。

中国語など翻訳会社を選ぶときのチェックポイント

翻訳会社といえば、その名の通りにさまざまな言語を翻訳するための会社です。現代の日本社会ではグローバル化が進んでおり、アジア方面との交流が進んでいます。その影響で中国語をはじめとして色々な言語に触れる仕事も多くなっているので、翻訳会社はとても重要な存在だといえます。そんな翻訳会社ですが、実際に利用する翻訳会社を決めるときどんなところを見ればよいのかご存知でしょうか。翻訳会社を決める時にみるとよいところの1つは、受注実積というものです。受注実積というのはつまりこれまでどれほどの仕事を受けてきたということなので、その会社の人気を図るひとつのパラメータのような役割を果たしてくれます。なので、できるだけ実積があって人気な翻訳会社を選びたい場合にはこの受注実積を見ればよいと思います。他にも、翻訳会社を選ぶとき気をつけておかなければならないことがあります。それが、どんな言語や分野に対応しているかというところです。実は勘違いしやすいところなのですが、翻訳会社というのはどんな言語だって翻訳できるというわけではなく一社一社対応できる言語や分野が違うのです。例えば中国語に特化していれば、その会社へ中国語の翻訳を任せたくなるでしょう。なので、翻訳会社を選ぶときにはどんな言語や分野に対応した翻訳会社なのか、きちんとチェックしておかなければならないのです。

Press release

TOP